日本人ことはじめ講座は、日本人らしさゆえに世界を魅了する無名の日本人を増やします。

4月から7回シリーズで実施してきた【にっぽん人即席養成講座】もあと2回を残すのみとなりました。

◆8月24日(土)和の作法
知っとくといいよ!戸の開け閉めや茶菓子の頂き方など、大人のたしなみ。
http://aenokai.or.jp/course/manner/

◆8月31日(土)日本の心~伊勢の神宮~
日本一の聖域、あなたの知らない伊勢の神宮のお話です。
http://aenokai.or.jp/course/consciousness/

今年の講座はこれで最後です。年内は来年の講座実施に向けた準備に費やしたいと思いますのでこの機会をぜひお見逃しなく!

さて本講座のトリを務めるのが【日本の心~伊勢の神宮~】のお話です。

式年遷宮で各行事の真っ最中、全国の注目を集める神宮のお話のせいか、先週末くらいから受講の申込が増え始めました。
http://aenokai.or.jp/course/consciousness/

神宮の年中祭祀で一番大きなお祭「神嘗祭」がお話の中心ですが私が過去に見学した神秘的な神嘗祭の様子はこちら。
http://aenokai.or.jp/archives/8/

山中先生は、株式会社勢乃國屋代表取締役、伊勢市の観光協会会長(在職25年)、皇學館大學監事、神宮の評議員ほか地元の様々な団体の役員をなさっている、まさに伊勢の名士でいらっしゃいます。

先週電話したときも、「お白石持ち行事に参加して帰ってきたとこや~」とおっしゃっていました。これは、普段絶対立ち入り禁止の神聖な御敷地に、(原則)伊勢の領民が入って白い石を敷き詰める行事です。

先生は神宮の評議員もなさっており、伊勢おはらい町に生まれて以来神宮とは深いご縁をお持ちですので「式年遷宮にまつわる、ほかでは聞けない耳よりな話」もお願いしています。

式年遷宮のこの年、山中先生の話を聞かないでどうする!
というわけで、ピンと来た方はご参加お待ちしております。

************************************************
8月31日(土)【日本の心~伊勢の神宮~】
ただ今、残席110(定員24名)です。
お申込はお早めにどうぞ。
http://aenokai.or.jp/course/consciousness/