日本人ことはじめ講座は、日本人らしさゆえに世界を魅了する無名の日本人を増やします。

2月「京のおばんざい料理教室」、4月「和の作法~行儀・マナー編~」に

引き続き、平成26年実施、1月・3月・5月の講座の概要が決定いたしましたクラッカー

これで前半5講座が出そろいました。

一部調整中の内容もありますが、取り急ぎお知らせます。

 

平成26年【日本人ことはじめ講座】1月・3月・5月実施講座

*************************************************

◆平成26年1月26日(日)14:00~16:00

~中央区民センター(堺筋本町)~ 

【日本の書~芳名帳を美しく~】 受講料調整中

冠婚葬祭の場面で受付の「芳名帳」を前にして、「あー、筆文字、苦手・・・」

「せめて自分の名前と住所くらい美しく書ければなあ・・・」と、

ちょっぴり気おくれしたことはありませんか?

本講座では、筆ペン・ボールペンを用いて、その上手な使い方、

文字のバランスの取り方などをお伝えします。

加えて、祝・不儀袋の書き方や袋の選び方など、「どうだったかな?」

となりがちな知識を再確認し、その取り扱いにも簡単に触れます。

筆ペンを手にとったときの、プチ鬱な気分を吹き飛ばしましょう!

******************************************

◆平成26年3月上旬  

~京都市内~

【日本の住~京町屋見学~】 受講料調整中

当法人、初の試みとして「大人の社会見学」を設けました。

現役の京町屋を見学します!講師は、日本建築の専門家。

この手の講座、学者さんによる解説はよく目にしますが

作り手目線、職人目線のお話を聞く機会はなかなかありません。

訪ねる町屋は江戸時代から続く商家。個人の町屋にお邪魔

して(もちろん中に入ります)、町家のこと、材木のこと、

庭のことをじっくりお話していただきます。

今回の見学は、講師の個人的なコネクションにより実現した

もので、通常「よそさん」は見ることのできない町屋の内部に

上がらせていただきます。めったにないこの機会、古都京都の

生き生きとした住まいと生活に触れてみましょう。

******************************************

◆平成26年5月31日(土)14:00~16:00

~中央区民センター(堺筋本町)~ 

【日本の美~日本美術の楽しみ方~】 受講料調整中

現在日本の学校で使う美術の教科書では、

西洋美術と日本美術の取り扱いの比率は、9:1。

西洋の画家の名前は挙げられても、日本の画家になると

『はて?』となる日本人は少なくありません。

そこでこの講座では、日本美術の作品の見方をご紹介します。

国宝「鳥獣戯画」の精巧なレプリカや、1900年のパリ万国

博覧会で金メダルに輝いた画家、大橋翠石の作品も使いながら、

鑑賞のコツやポイントについて詳しく説明します。

講師は前回に引き続き、大阪国際大学の村田先生です。

ここ関西は日本美術の宝庫。美術鑑賞は決して難しいものではありません。

本講座を受講すれば、展覧会や美術番組の楽しみも倍増し

どこか遠い存在だった日本画が、きっと身近なものになるでしょう。

過去の「日本の美」⇒http://aenokai.or.jp/archives/877/

******************************************