日本人ことはじめ講座は、日本人らしさゆえに世界を魅了する無名の日本人を増やします。

<ブログの過去記事を再掲します>

数年前、休暇でパラオに行ったときのことです。

関西空港からパラオへの直行便はなく、グアム経由で現地に向かいます。

グアム行きの乗客の多くは、比較的年齢の若い人たちでした。

さて、私の隣に座ったお兄さん。これがまた、金髪、ピアス、腰パンにタトゥーといういでたち。

見まごうことなきヤンキーです(笑)

正直「うわー、ぱんつハミ出てるし。えらいのが隣に来たなあ・・・f^_^;」と思っていたのですが・・・

もうすぐグアムに着陸というとき、彼のとった行動に私は目を見張りました。

 

なんと、自分の使っていた毛布を、きちんと四角に折りたたんでいたのです!!

 

・・・こう、きっちり角を合わせてね。

 

私は「この子は間違いなく日本人だな~」と、うれし可笑しくなったのを覚えています。

一方、あるアジアの国に向かう国際線に乗ったときのこと。

私の前方に座っていた乗客の多くは、その目的地の国の人たちでした。

現地に到着後、出口に向かって歩き出し、機内前方の床に目をやって唖然。

彼らは、毛布からペットボトル、ヘッドホン、雑誌にいたるまで全て床にぶちまけたまま立ち去っていたのです。

ウッソー!!このまま行っちゃうわけ?!と私は軽くショックを受けました。

と同時に、あとで片付ける人のことなんか全く考えていないんだな・・・となんだか胸が痛みました。

ある外資のエアラインのキャビンアテンダントが、「日本人乗客が降りたあとの座席は、使う前と同じようにきれい」

と日本人のマナーのよさを褒めていたと、何かで読んだ記憶があるのですが。

そりゃそうでしょう、日本人ならやんちゃそうなヤンキーだって、使った毛布はきちんと折りたたむんですから。

こういう日本人の美点は、なくしたくないものです。