日本人ことはじめ講座は、日本人らしさゆえに世界を魅了する無名の日本人を増やします。

 

花ちらしの雨(詩的な響きですね)が続くため、満開の桜を堪能するにはこの日しかない!

ということで、昨晩自宅へ帰る途中で大阪城に立ち寄ってみました。

夜桜見物です。

DSC01754

青い光に照らし出された大阪城。

「世界自閉症啓発デー」に合わせたものだそうです。

その意図は今朝のニュースで知りました。

 

DSC01710

人々が続々と繰り出しております。

この清楚で可憐な山盛りの花を、ものごころついたときから見ているわけですが、

見飽きることがありません。日本人に生まれてよかったと思うひとときです。

 

blue

 

そこかしこで宴会を楽しむ人々の群れが。会社帰りのスーツ姿の多いこと。

紺色のスーツ軍団は、新入社員とお見受けしました。

桜の色香に誘われて、その下で酒を飲まずにはいられない日本人の愛すべき習性です。

 

DSC01713

雪柳との共演。背後に見えるのは、六番やぐら。

 

DSC01715

 

目覚まし時計があるわけでなし、

毎年ほぼ決まった時期にお約束どおり咲くのって、

考えてみたらすごいと思いませんか?!不思議だな~。

 

DSC01722

 

外国人観光客も多かったです。満開の桜を見ることができて、

彼らもきっと満足でしょう。

明日以降関西に到着する観光客は、お気の毒・・・。

 

DSC01720

 

DSC01729

今宵はおぼろ月夜です。

 

DSC01739

 

DSC01743

 

このように花の中心が赤くなると、桜吹雪の前兆なのだとか。

咲いたと思ったらもうお別れです。残念。

また来年お会いしましょう。