日本人ことはじめ講座は、日本人らしさゆえに世界を魅了する無名の日本人を増やします。

  講座内容

 

催行決定していた本講座ですが、講師側の事情により中止になりました。心待ちにされていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。

京都の町は、御所を中心に都が栄え、貴族文化が栄え、その文化は脈々と引き継がれ今日まで続いています。由緒ある京都1200年の伝統文化を育んだ原点は、平安時代の貴族文化にあります。

その中でも平安装束(へいあんしょうぞく)は、遣唐使が廃止されたのち、中国の影響を離れて我が国独自に発展・確立された衣服です。着物とは違い、張りのあるしっかりとした布地で、ゆったりと大きく一寸三針という粗い目の装束仕立てという縫い方で作られています。

本講座では、装束の成り立ちや、男性向けの直衣(のうし)・狩衣(かりぎぬ)と、女性向けの十二単(じゅうにひとえ)と小袿(こうちき)をとりあげ、実際に着装の様子をご覧いただきながら、各装束の文様や色目、特徴についてお話します。

 

■講座形式

体験型

 

■最少催行人数

10月28日までに15名  *催行決定

 

■持ち物

筆記用具(適宜)

 

**** *事務局より*****

京都市にある平安装束体験所にお伺いし、いにしえの平安人の装束に触れる講座です。本講座では、福呂先生が、なんと4つもの装束の着装を実演しながらそれぞれの特徴について解説してくださいます。これだけの規模の着装は、個人ではなかなかお願いできないので、平安装束に関心のある方にとってはまたとない機会です!また各装束のモデルも募集しておりますので、着装をご希望の方は「直衣」(男性向け)・「狩衣」(男性または女性向け)・「十二単」(女性向け)・「小袿」(女性向け)のいずれかをお選びいただき、お申込時にその旨お書き添えください。「我こそは!」という方、ご応募お待ちしております。

 

 

kuctop001

小袿(こうちき/中宮の準正装)

 

junihitoe07

十二単(じゅうにひとえ/女房の正装)

 

noshitop

直衣(のうし/光源氏のイメージ)

 

krg_001m

狩衣(かりぎぬ/陰陽師 阿倍清明のイメージ)

 

講師

 

fukuro

福呂 一榮 
京都生まれ。宮廷装束研究家。昭和53年福呂家に嫁ぎ、先代より装束仕立てを厳しく仕込まれ、装束一筋に30余年。山科流の研究をライフワークとし、宮廷装束の制作を本義とする。現在、株式会社弥栄代表取締役として、十二単の制作および伝統文化の普及に励む。

葵祭・女人列、京都・市比賣神社・ひいな祭り、京都上賀茂神社・武者神事、京都・八坂神社・祇園祭花笠巡行等の着装ご奉仕ほか、上海万博、日中友好芸術祭、国民文化祭京都等、各種イベントへの衣装提供・着装協力。

NHK、イギリスBBCテレビ、中国西安国営テレビほか、国内外のメディアにも多数出演。伝統文化の啓蒙に努める。

受講料

 

3000円(モデル希望者は3500円。HP上の写真掲載OKの方求む)

*お申し込み後10月29日以降のキャンセルの場合、3000円を申し受けます。ご了承くださいませ。

 

日時

 

平成27年11月29日(日) 14:00~15:30

*13時30分以降に会場入りしてください。その前に到着しても中には入れませんのでお気をつけください。

*終了時間は若干前後することがあります。

 

場所

 

株式会社 弥栄  平安装束体験所(株式会社平安装苑内)

〒604-0831 京都市中京区二条通高倉西入(中京区松屋町58番地)  TEL 075-255-1028

京都市営地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」下車、1番出口(烏丸御池・東北角)より徒歩5分

大きな地図で見る

 

20150530145051

目印はこの看板

 

20150530145133

烏丸御池駅から来るとこの看板も目印になります

 

20150530145158

二条通からみた入口です

 

お申込み

催行決定していた本講座ですが、講師側の事情により中止になりました。心待ちにされていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。