日本人ことはじめ講座は、日本人らしさゆえに世界を魅了する無名の日本人を増やします。

講座内容

 

 外交と言うと我々とは関係のない遠い世界のことで、日常の生活には関係がないと思われがちです。しかし、これだけグローバル化した世界では、外交が我々の生活に直接関係することがますます増えてきています。私も外交官生活40年の中で、外交が我々の生活に大きな影響を与える、ということを現実に体験してきました。
 最も記憶にのこるのは、なんといっても石油ショックの時の経験ですが、その他海外の日本人の安全確保の問題、国際テロと日本人の関係等々種々の事件を経験し、日本という国のあり方がこれでいいのだろうか、と自問したことも少なくありません。本講座では「経験的外交論」ということで、外交と我々の生活の関わり合いについて考えてみたいと思います。

 

 

■講座形式

講座型

 

■持ち物

筆記用具(適宜)

 

**** *事務局より*****

代表/内田は、アルピニストの野口健氏の社会活動に長年注目しており、そのご著書も何冊か拝読しています。その中でお父さまについてのエピソードがとても興味深く、実際にはどんな方なのだろうと想像を逞しくしていました。幸いなことに今年5月、野口健さんにお会いする機会があり「野口健を造った人にお会いしてみたいのですが!」と直接お伺いしたところご快諾いただいたことがきっかけとなり、本講座実施の運びとなりました。
40年の長きにわたり、日本の国益を代表する立場にいらっしゃった野口先生。イスラエル赴任中は、なんと日本赤軍が引き起こした、あの「テルアビブ空港乱射事件」に遭遇し、外交官として事後処理に奔走されたそうです。そんな内外の歴史的な出来事に関わりながら日本の外交について考えたこと、また、一見遠くにみえる外交の世界を身近に引き寄せ、私たちの生活との繋がりについてお話ししていただきます。当日は健さんとの秘話も飛び出すかも・・・・?多くの方のご参加、お待ちしております!

当日のレポートはこちら

 

講師

 

DSC_0216
野口 雅昭 

日本の元外交官。元京都文教大学人間学部長。元龍谷大学客員教授。京都聖母女学院短期大学非常勤講師。福島県会津若松市出身。父は旧帝国陸軍で参謀などを務めた野口省己。アルピニストの野口健氏は次男。平成28年4月、瑞宝中綬章受章。外交官時代はアラビア語を研修したアラビストであった。

野口雅昭 Wikipedia
ブログ「中東の窓」

 

受講料

 

2300円

*2名様以上で同時にお申込の場合、お一人様につき300円割引いたします。

*前日のキャンセルは受講料の半額、当日のキャンセルならびに事前連絡なしのキャンセルは、受講料100%申し受けます。

 

 

日時

 

平成28年10月29日(土) 18:30~20:30

*受付開始18:00~

*終了時間は若干前後する場合があります。

*講座終了後、野口先生を囲んで懇親会(21:00~23:00頃、参加費3000円~3500円)を予定しております。参加希望の方は、お申込みフォームの備考欄にその旨ご記入ください。懇親会出欠締め切りは28日(金)午前中とさせていただきます。

 

場所

阪市立中央区民センター 3F 第3会議室

〒541-8518 大阪市中央区久太郎町1-2-27  TEL:06-6267-0201

 

 

お申込み

お申込みフォームはこちら