日本人ことはじめ講座は、日本人らしさゆえに世界を魅了する無名の日本人を増やします。

かまくら・・・子供のころからTVや新聞で見るばかりで実物を目にしたことはありません。一度、秋田まで行ってみてみたいものです。

地元の子供たちがかまくらの中で甘酒などをふるまってくれる美しい風習も相まって、写真でみるだけでも幻想的な光景。昔も今も変わらず子供って「秘密基地」っぽい、こういう小さな空間が好きですよね。楽しそう!

*******************************************

秋田県横手市で400年以上続くとされる小正月行事「かまくら」が15日から2日間の日程で開かれている。横手市役所本庁舎前や横手公園などの市中心部に、高さ約3メートルのかまくら約100基が出現した。

同日夜には、かまくらに明かりがともり、中に入った地元の小中学生が「よってたんせー」と優しく呼びかけながら、観光客に甘酒などを振る舞った。

また、ろうそくがともされた数多くのミニかまくらが暗闇に浮かび上がり、幻想的な光景が広がった。【佐藤伸】

引用元:http://mainichi.jp/articles/20170216/k00/00e/040/250000c#csidx17fa2a9cbc95bb68106bac5e37f799d