日本人ことはじめ講座は、日本人らしさゆえに世界を魅了する無名の日本人を増やします。

CIMG1505
4月27日(土)、にっぽん人即席養成講座の記念すべき第一回目講座「京のおばんざい料理教室」が、京料理すま家の藤田先生をお迎えして開催されました。
当日の献立は
*かつおの手ごね寿司
*桜鯛の道明寺蒸し
*しめじの土佐煮
の3品です。
献立を聞くと、なにやら凝った難しい料理に思えるのですが、 これがなんとも簡単で実用的なレシピなので、びっくり!! 「家に帰ってすぐに作れる」とのふれこみは、間違いではなかったです~♪
桜鯛の道明寺蒸しとは、桜鯛(切り身)の上に道明寺粉(桜餅の外側のつぶつぶの部分)をのせて蒸し、銀あんをかけた上に桜の塩漬けをあしらって頂くのですが、料亭で出てくるような見栄えの一品なのに、こんなに簡単にできるなんて!!と、参加者のみなさん驚いていました。(深鉢に入っているのがそれですが、中身が写ってなかった・・・Orz) 手ごね寿司も、土佐煮もほんとに簡単なのに、おもてなし料理の貫録十分でした。
さらにさらに、自分たちで作った3品以外にも、先生がご厚意で桜餡入りくずまんじゅうと、かき玉汁を作ってくださり、試食タイムは「おいしい!」「ウマ~!」の大合唱でした。レシピは身につければ一生モノだし、主催者ではなく一参加者、一主婦としてみてもオススメ講座ですね♪
CIMG1510